Gallery

ギャラリー

アーサナクラス/アドバンスアーサナ

RYT200のキャンプでは、基本的なアライメント、アジャスト方法を学び、RYT500のキャンプでは、アドバンスアーサナの練習をします。アドバンスアーサナの練習は主にRYT500のコースで行います。ポーズ中に呼吸や、心が収まってきてから練習します。様々なアドバンスのポーズがありますが、少しずつチャレンジしていきます。しかし、ポーズを完成させることにとらわれることなく、あくまでも、焦点は、心であることを忘れないように、というのが最大のポイントです。ポーズの完成を無理に追い求めることで、近年言われているヨーガでの怪我につながります。常に、何のためにこの練習をしているのかを忘れてはなりません。競争心や、写真映えなどではなく、ヨーガの学びと、アーサナの練習はセットでなければ、アーサナの練習は、単なるエクササイズになってしまいます。その点を踏まえながら、学びと、練習を同時進行し、それを1カ月続けることで、心身共に柔軟になり、アドバンスのポーズも自然に出来てくるものです。そのような伝統に基づいた教えがあります。